勝手にCDデビューしよう 自作DVDやCDラベルジャケットの作り方やインディーズレーベル設立方法インディーズ支援
top > 初心者のためのギターやアンプの基礎知識

ギター初心者のためのエレキギターやアンプの基礎知識

初めてギターを購入しようとする方に簡単な知識を書いてみたいと思います。

ギターには何種類か種類がありますが、エレキギターと呼ばれているものには、有名なところでは、レスポールタイプとストラトタイプがあります。

メーカーで言うと、レスポールタイプではギブソン、ストラトタイプではフェンダーが有名です。

初心者のためのギターの種類と名称

その他には、テレキャスター、エレアコ(エレクトリックアコースティック)などがあります。

一般的にロックやポップスで使われているエレキギターは、これらのソリッドタイプのモデルか、セミアコ、エレアコがほとんどです。

ソリッドタイプのモデルは、板が単板でムクのものを使っていて、十分乾燥させています。

乾燥することにより高音がよく響きます。

そしてピックアップにはシングルコイルというものを使っていて、音は少し硬めで出力が小さいです。

反対にホロウボディやセミアコなどには、ハムバッカーというタイプのピックアップが多く使われていて、音質は丸めで出力が大きいという特徴があります。

アコースティックギターとは、アンプを介さなくても大きな音が鳴るギターのことを言います。

フォークギターやセミアコ、クラッシック等で使用されているガットギターなどです。真ん中に大きな穴が開いていますね。


E.クラプトンの使用で大ヒットした、000(オーディトリアム)ボディの000Mは、表板にはスプルース単板、サイド&バックにはマホガニー合板を採用し、王道のMartinサウンドは健在。小型のボディでありながら、豊かな音量を誇り、ストリートライブなどに最適。

また、ギターに使用されている弦にも違いがあります。クラッシックなどに使われているガットギターなどにはナイロン弦が使用されていて、フォークギターやセミアコにはスチール弦を使います。

一番の違いは音です。スチール弦は音が大きくて硬い感じの音がなり、ナイロン弦では、ポロンポロンした感じの柔らかい音が鳴ります。

ギターを選ぶ際に注意したいのは、自分が鳴らしたい音に近いギターを選ぶことです。

エレキギター用アンプはどれぐらいの容量が必要?

エレキギターを購入した場合、音を鳴らすためにはアンプやエフェクターが必要になりますが、一体どれぐらいの容量が必要なのでしょう?

一般的に自分の部屋で鳴らしたりする場合では2〜3万円程度の30ワットアンプでも、ボリュウムのつまみは1/4ぐらいまわしただけでもかなりの音になります。

エフェクターやイコライザーで音調し、音作りをしたり、練習用で使うだけなら30ワットもあれば十分ということになります。

上記のものは自宅練習用に最適です。最近では価格も安いものが出回っています。

ライブなどに利用を考えているのであれば、もう少し余裕のあるアンプが必要になります。

例えば、少し余裕のある100W前後のアンプで音を作り出し、ステージでは他のPA用のパワーアンプを使って音を増幅させ容量アップします。

ライブなどでは他の楽器との音あわせとなるので、一番大きな音になるドラムと匹敵、またはそれ以上の容量があるアンプが必要になります。

アコースティックギターにはピックアップやマイクが必要

アコースティックギターは、ライブ等に利用する場合、ピックアップやマイクが必要になります。ピックアップというのは、ギターのボディーや弦の付近に音を拾うための振動版のようなものを貼り付けギターの音を増幅させるために使います。

マイクで音を拾うときは、他の雑音(ボーカルや、モニタリング音などを拾ってしまいますが、直接ピックアップをギター側につけることで新鮮なサウンドが得られます。ギターの音を忠実に拾います。

逆にマイクで拾う場合は全体的なバランスが良くなり、ライブ感や音のまとまりが得られます。

potmanrecord.com About Us | Site Map | Privacy Policy | Contact Us | ©2003-2017potmanrecord.com1